文字消しクロスワード

[トップページに戻る]
この問題の正解者 43 人 / 82 人中
1
 
3
 
5
6
 
8
 
 
11
12
 
 
 
 
17
18
 
 
 
22
23
 
25
 
 
 
 
 
 
 
 
34
 
 
 
38
 
40
41
 
 
 
45
 
 
 
 
 
51
52
 
 
55
 
57
 
 
 
 
62
 
 
《タテのカギ》
1.全くどうしようもなくなり、途方にくれること。「こうなってはもう―だ」
3.郵便作業合理化のために郵便物の集配区域ごとにつけられた番号。日本では昭和43年から実施。
5.優れていること。大きいこと。偉大なこと。美称として用いることも多い。「―迦羅」「―不思議」
6.時代劇には欠かせない存在となっている俳優。「遠山の金さん」「水戸黄門」など。
8.フランス料理で、ソースや煮込みの下地に使うだし汁
12.めったに見られない珍しい芸
18.坪を単位としてはかった、土地や建物などの面積。「部屋数は多いが、―は小さい」
23.フィンランド風の蒸し風呂。熱した石に水をかけて蒸気を出し、室内の温度・湿度を高め、その室内に入って汗を流す。
40.銀または銀色の金属の粉末。絵画・蒔絵などに用いる。
41.高低・凹凸のないさま。「―にならす」「―な土地」
45.1845年、裁縫用ミシンを発明したアメリカの発明家
52.コロイド粒子が液体の中に分散しており、全体が流動性を示すもの
55.「蔦」読みは?
《ヨコのカギ》
1.水分を多くして炊いた粥(かゆ)の上澄みの液。病人・幼児などに食べさせる。
5.主に番犬・闘犬として使われているイヌ。大型で筋肉隆々の体つきをしていてとても力が強い。「アフガン・―」「イングリッシュ・―」「チベタン・―」など。
11.水戦に用いた武器。鉄鉤に長い柄をつけ敵船にひっかけ引き寄せる。
17.江戸時代の男の髪の結い方の1つ。月代(さかやき)を狭く剃り、両鬢を広くふっくらと結うもの。神官などに多い。
22.一つにまとまっていたものがちりぢりになること。「一家が―する」
25.仏教で、下品を上生・中生・下生の三つに分けた、その最下位
34.消し炭などの混じらない灰
38.蒲焼や丼などの調理で、古くから日本の食文化に深い関わりを持つ魚。川と海を行き来する回遊魚。地上を這って移動したりする。
41.町。都会。「ニュー-―」「ベッド―」
45.布・紙などで作り、竿などの先に掲げてしるしとするもの。古来、朝廷で儀式・祭礼の具として用い、また軍陣では標式として用いた。
51.心臓・肝臓・肺臓・脾(ひ)臓・腎臓と、大腸・小腸・胃・胆・膀胱(ぼうこう)・三焦
57.パプア-ニューギニアのニューブリテン島にある港湾都市。太平洋戦争中、日本海軍航空隊の基地があった。
62.右のはし
《遊び方》
マスをクリックすると、そのマスの問題だけ表示されます。 タテヨコどちらか1つしかカギがないマスでは回答欄も現れます。 カギが2つあるマスでは、問題のどちらかをクリックすると回答欄が現れます。
回答欄上に並ぶ文字をクリックすると回答欄の赤枠のマスに文字が入ります。 回答欄をクリックすると赤枠が移動し、そこに文字が入ってる場合はキャンセルされ空欄になります。
[答えを見る] で正解・不正解を確認できます。
問題全てを表示する場合は、[全ての問いを表示する] をクリックします。
過去の問題はページ右上(スマートフォンの方は此処のすぐ下)のの中にあります。